美しい口元ときれいな歯並びの条件
(正常咬合)

矯正治療で口元美人を目指しましょう

歯並びや咬み合わせが顔立ちに影響を与えることをご存知ですか? 整った歯並びや良い咬み合わせは口元を美しく見えるのはもちろん、顔立ちもすっきりしてバランスが整います。また、虫歯や歯周病にもかかりにくくなるため、お口の健康状態も保ちやすくなります。つまり、歯並びが整うということは、お口周りの審美性も機能性も向上を意味するのです。

横浜市青葉区の「たまプラーザ どう矯正歯科」では、矯正治療で"口元美人"も目指すことを推奨しています。

顔の正面から見た咬み合わせの違い

きれいな歯並び・正常な咬み合わせ(正常咬合)は形態と機能の調和が重要なポイントとなります。まずは鏡で顔や顎の形、歯のバランスを確認してみましょう。以下では正常な咬み合わせと正常ではない咬み合わせの2つの状態についてご紹介します。

正常な咬み合わせ(正常咬合)

正常な咬み合わせの状態

顎か左右にずれていないこと、楽に口を閉じられること、笑った時に上の歯ぐきが大きく見えないことがポイントとなります。

正常でない咬み合わせの状態
  • 正常でない咬み合わせの状態
  • 正常でない咬み合わせの状態

左図のように口を閉じたときに下顎が左側に偏位している場合は、咬み合わせが正常でないといえます。また、右図のように口を閉じたときにおとがい(下顎の先)に梅干し状のしわができるとしたら、それは無理して口を閉じている状態です。

顔の側面から見た咬み合わせの違い

Eライン
  • 正常な状態
    正常な状態
  • 正常ではない状態
    正常ではない状態

口元が整っているかを判断するうえで基準となるのが「Eライン」です。Eラインとは、鼻先と顎の先端を線で結び、上唇と下唇がこのラインに対してどの位置にあるかを示す一種の"ものさし"的なものです。日本人の成人は、Eラインに対して上唇が1~2mm後方にあり、下唇はほぼライン上にあると美しいとされています。また、子どもの場合は、上唇が少しEラインの前にあります。

口腔内に見る咬み合わせの違い

口の中の正面

口の中の正面

上下の歯の「正中線」が合っていること。正中線とは上下二本の前歯の間を結ぶ線で、一直線になっているのが望ましいとされています。日本人の成人は正中線が合い、さらに上の前歯が下の前歯を2mmほど被う状態がベストとされています。

口の中の側面

口の中の側面

口腔内を横から見たときに、犬歯の上の歯が下の歯とその一つ後ろの歯との間のすき間に歯車のように食い込んでいて、上の六歳臼歯の尖っている部分が下の同じ奥歯のくぼんでいる部分に咬み合っているかをチェックしてください。この状態を「一歯対二歯の咬み合わせ」といい、上下左右の奥歯もバランス良く咬めている"正常な咬み合わせ"であるといえます。